当社は日本唯一の紙パック飲料OEM専業メーカーです。安全・安心・高品質、私たちにおまかせください!

お問い合わせはこちらをクリック

わたしたちの想い

経営理念

私たち全農ハイパックは、全農グループの一員として清涼飲料水を通した「豊かな生活への貢献」に向け一人ひとりが改善と改革にチャレンジします。

【社会貢献】
地球環境の保全に配慮し、私たちの技術力で、消費者においしさと安心をお届けします。
【経営姿勢】
安全・安心を経営活動の基本に据え、HACCPの手法による高品質なモノづくりに取り組みます。
【行動指針】
法令や社会規範を守り、報・連・相を徹底し、風通しの良い職場をつくります。

代表取締役社長 挨拶

清涼飲料水を通じた「豊かな生活への貢献」

弊社は、1975年に、「農協果汁」の製造工場として、生産地を担う「JA全農」と製造技術を担う「日本軽金属㈱」との共同出資により発足しました。
社名の由来は、当時製造していたドイツ生まれの板紙とアルミ箔とポリエチレンを組み合わせた新型紙容器の名称である「ハイパー」から来ています。

弊社のものづくりの原点は「安全・安心」です。そして、それを確かなものにしているのが厚生労働省認証の「HACCPシステム」と「確かな技術力でお客様においしさと安心をお届けしたい」という私どもの創業以来変わらぬ思いです。

現在の製造品目は、牛乳パック型の紙容器で低温流通するチルド製品と、無菌充填により常温流通が可能な小型紙容器(アルミ箔等をバリアーとして使用)のアセプ製品です。チルド製品は熱の影響を極力抑えた製造方法と低温流通で、原料の美味しさをそのままお客様にお届けします。
またアセプ製品は、やはり熱の影響を極力抑えた製造方法で風味がよく、さらに常温流通が可能で、しかも飲みきりサイズの利便性が魅力です。

                                

弊社は国内の大手飲料メーカー様からの製造委託を受けて、風味豊かな果汁飲料や健康に役立つ野菜飲料、さらには本格的に抽出した香味溢れるお茶やコーヒーなど様々なジャンルの飲料製造を手掛けております。そのものづくりの原点はもちろん「安全・安心」。ご委託いただいたお客様の信頼に応えるため、一人ひとりが製造技術と品質管理レベルの向上に弛まぬチャレンジを続けてまいります。

今後とも変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます

代表取締役社長 渡邉日出雄